初現場、初SixTONES【少年たち〜Born TOMORROW〜】

 

 

少年たち〜Born TOMORROW〜

9月24日夜公演

私的記録用ブログ

 

SixTONESを好きになって約9ヶ月。この度少年たちにて初、現場参戦をすることが出来ました。GC階センブロにて観劇することができ、予想していた3倍は近く、舞台全体を見渡せ、とてもいい席だったと思います。

 

SixTONES、SnowManが記念すべき3年目を行うことになった少年たち。様々な問題を起こして収容された12人の少年たちが戦争を知り、変わり、それぞれが夢を持ち、最後には戦地に実際に行き、悲しい結末を辿ることになった少年たちですが、この舞台には本当にSixTONES、SnowManの良さ、気持ち、空気感、オーラ、言葉では表せないほどのものを肌で感じ、終わったあと足が震え、ほぼ放心状態で日生劇場を後にしました。

映像の10倍は彼らの良さを感じられた。

本当にこの一言に尽きる。生で見た方がいい。それはもちろんそうなんだけれども、本当に凄かった。

 

12人の演技力、歌唱力、オーラ、実力。それぞれがそれぞれの演技をしてて、誰一人として埋もれることがない。笑いもいれるけど、その後の切り替えの速さ。

そして、アドリブ力の強さ。コントはテンポよく進むし、彼らの信頼関係が伝わってくるようで、本当に面白かった。

樹担の私は樹君が出てる時はもちろん樹君を、見ています。樹君が出ていない時。正直どうしようかと考えていた部分もありました。舞台を見に行くのが目的とはいえ、自担がいない時間。何をしているか。普通に舞台を見ようと思っていたのですが、あまりにも良すぎて、人数が少ない時は話してる人の表情を読み取るために双眼鏡を構えました。

特に京本くん。外部舞台に出てた経験が顕著に現れてて、流石の一言。

 

何度も何度も稽古を重ねたのが分かる彼らの演技が、歌が、肌で感じられて、ただただ圧巻。1幕と2幕間の25分間の休憩の時間が一番長く感じるほどに舞台に引き込まれました。

 

24日の夜公演のアドリブがとても面白くて、自己紹介のシーンでの京本くんの返しが少年たちの京本のキャラのままつっこんでて、とても面白かったし、阿部くんの安倍晋三は、阿部くんの頭の良さだ…頭の回転早い…と思ったし、お風呂のシーンでピッツァ!ってずーっといって、チーズ出すなよ!!とか、サラミでてんじゃねぇの!って下ネタ連発する彼ら、最高にアイドル捨ててると思ったし、ゆごじゅり伝単で髙地君全部拾っちゃったあとの対応とか、樹君めちゃくちゃつっこんでるし、最終的にTake2をやるのも意味わからなすぎてめちゃくちゃ笑ったし、だてしんの客席に降りて聞くところは、館様「この後どうする?俺にする?それともー俺にする?」がエロいのに面白くて、慎ちゃんのムニエルの下り、本当にあれがツボだったのは覚えてるんだけど、詳しいことをすっかり忘れてしまったので、どなたか覚えてる方にお聞きしたい。

そして、ふかほく兄弟。魔女宅みたいに北斗くんがモップにまたがって、深澤くんに「じじお乗り!」って言うのも面白すぎたし、二人の笑顔いい笑顔だったし。

時系列がバラバラだけど、京本くんの「よっこいショートコント、ジェシーが掃除をするの巻」からのジェシーの「やりにくい…」そこからの岩本くんの「よっこいショートコント、ジェシーが話しかけてくるの巻」からのジェシーの「今日やりにくいな…」も面白かったし。観劇してる側に飽きさせない演出、コント、スピード感に溢れていて、とてもおもしろかったです。

 

また、重たい、真面目なシーン。1幕での乱闘は髙地君が樹君を間違えて殴ったり、京本くんが思いっきり戸惑ってたり。その後看守長に殴られ、渋々やめたり。

岩本くんとジェシーの過去、すれ違い、それに戸惑う新入り。

和解して、仲良くなってからの掃除の時に見つけた戦争の資料。それを見て各々が出来ることを探して、夢を追いかけることになる少年たち。

そんな時に訪れる突然の別れ。

ジェシーが出所して、戦地に向かい、それを止める彼らの姿がリアリティに溢れてて、演技力の高さに驚かされました。

そして、その後、彼らが追いかけていた夢。戦争の時の状況をときに面白く、ときに真剣に伝える彼らの姿。戦争のときに起きていた、防空壕での悲劇、劇場で作られていた爆弾、空襲予告がされた伝単。戦争の悲惨さを伝える彼らがどうやったら伝わるのか、考えたんだろうなという印象を受けました。

そして、戦地のジェシーとの再開。戦地で心を失ったジェシーへのそれぞれの思い。爆撃にあい、倒れる彼ら、それでもジェシーを諦めない姿。

遂にジェシーの心が動いた、という時に無情にも撃たれるジェシー

その後、ジェシーを除いた11人で歌い、エピローグへ。

ジェシーが動かしたあのブランコが寂しげで、その後流れたエンドロールが、また涙を誘いました…

 

ショータイムでは雰囲気がガラリとかわり、SixTONES、SnowManそれぞれの良さが短い時間の中に詰め込まれてて、最高に楽しかったです。

SixTONESの新曲、JAPONICA STYLEでの演出、上手側と下手側で紙吹雪の量が違うのにはん?ん?笑となりましたが、布が落ちてきて、布に巻き付かれ踊り、前に出てきた時に足に布が巻きついたままだった樹君を見た時転ばないでね?転ばないでね?って心配になりました。

JAPONICA STYLEめちゃくちゃエロい。早く円盤化して。

 

少年たちを見て、一番思ったのが、ジャニオタだけで見るのはもったいない。これはジャニオタじゃない人にも見てほしい。是非、円盤化すべき。一度じゃ見きれなかった場面もあり、個人的にももっと見たい。あの、面白く、考えさせられる演劇を、もっと多くの人に知ってもらいたい。

簡潔にいうと

いいから3年分の少年たちの円盤化を早くして。

 

 

少年たち、最高の舞台でした。ファンの方も温かい、あの空間。SixTONES、SnowManを好きな人しかいない空間。初めての現場、ソロ参戦の私も、とても楽しかった。一体感があって、ギャグのあと、曲の後に巻き起こる拍手。ファンの質の良さ、SixTONES、SnowManとファンの関係性。とても良いものなんだと思いました。

最高の舞台でした。本当に何回も見たくなるそんな舞台。最後にこれだけ。

 

円盤化をよろしくお願いします!!!

誕生日ラッシュが終わる

ほっくんお誕生日おめでとうございます!!!

 

本日は松村北斗くんの誕生日〜!!!

京北樹が同い年〜!!!尊い。同い年尊い。 

バニボトリオの数日の同い年もめちゃくちゃ尊いしB型トリオの同い年もめちゃくちゃに尊いし。もう何言いたいか分かんないからとにかくほっくん誕生日おめでとう。

 

名言メーカーだったりめちゃくちゃ色気あったり頭いいからこその表現でたまに言ってること意味わからないけどそれは頑張って勉強します。

SixTONESでいるのに樹君に向けて喋ってるところとか北樹双子とか自分達で言っちゃうところとかめちゃくちゃ好きなんでこれからもよろしくお願いします。

 

自担が誕生日を迎えた

 

本日2017.6.15は!!!!我が自担田中樹君の誕生日ーーー!!!!!!!

 

樹君おめでとう!!!Happy Birthday!!!

 

はい。22歳の田中樹くんおめでとう。21歳の田中樹くんありがとう。素敵な時間をありがとう。これからもよろしくお願い致します。

 

私が樹君を知った時樹君いくつ?Rの法則だから…もう五年以上前になる?え、時の流れって怖い。

知った時私はジャニーズJrの存在なんざ知らなかった。そもそもジャニーズは嵐しかいないと思ってた。いや嵐も危うい。SMAPすら知らなかった。(芸能に興味がなかった)

ただただかっこいい男の子。この子かっこいいとか思ってて、当時ジュリ目当てでRの法則はみてたのだけは覚えてます。まあそれもたった数年間だけだったけども。

Rの法則見なくなってからは本当に離れてて全く何が起きてたか知らなくて。

去年の夏ジャニオタになって、去年の12月に樹君を担当として応援することにして、もう半年?はやい。時の流れは早い。

その間にも色々あって、嬉しいこと、楽しいこと、ちょっと辛かったこと、悲しかったこと。沢山のことがあった。

それでも樹君は笑顔だった。いつも笑顔で、私はその笑顔が大好きで。安心できて。

田中樹はとっても強くて優しい人だと思う。樹君のことを可哀想って言ってる人を何人も見た。そう思う気持ちは分からなくもない。でも私は絶対可哀想なんて言わない。

 

田中樹は私なんかよりずっと頑張ってて強くてかっこいいから。

 

可哀想って言葉は自分より立場が同じとか弱い人に対して使う言葉だと思ってるから。樹君は私よりもずっと高いところにいるから使いたくない。使えない。そんなのおこがましい。(個人的な意見です)

 

Jrの世界がこんなに厳しくて忙しいものなんて全然知らなかった。そんな中で笑顔で爆モテDKで、可愛くてかっこよくて。SixTONESとして活動しててラップが得意な樹君。こんなんじゃ樹君のことは言い表せない。とにかく最高。最高としか言えない。

そんな樹君が22歳。これからの一年もまた色々おこるんだろうな。楽しみ。

まあとにかく。

 

樹君お誕生日本当におめでとう!22歳楽しんで!!

 

樹君のお母さん樹君を産んでくれてありがとうございます!

自担Gの怒涛の誕生日ラッシュが始まった

 

本日6月11日はSixTONESジェシーの誕生日。

 

おめでとうございます!!

心よりお祝い申し上げまする!!!!!!

 

本当は画像とかも作りたかった。私のセンスじゃ無理だった。だからブログ書こうと思ったがいかんせん文才がない。八方塞がりかよ(´^p^`)

 

まあそれは置いといて。

 

私がジェシーを初めて見たのはRの法則でした。まだJrは疎かジャニーズってなに?状態だった当時の私。もちろんジェシーがJrなんて知るよしもなかった頃。彼はRの法則の主力メンバーだった。たくさん喋ってて、キラキラしてた。あの頃のRの法則が一番好きだった。

元々Rの法則は天テレの後に流し見てただけだから天テレを見なくなってからは見なくなってた。

そして去年、ジャニーズにハマりSixTONESに堕ちた時。ジェシーの存在に気づいた。久しぶりに見たRの法則でのジェシーはどこか懐かしくて。見れてなかったことが悔しかった。

 

そして今年彼はRの法則を卒業し、今日、21歳の誕生日を迎えた。

そして今日から一週間でSixTONESのメンバーが怒涛の誕生日ラッシュになるらしい。実感わかない。

 

まあ、本当におめでとうございます。ジェシーの歌声大好きです。

これからも素敵な歌声を響かせてください。

21歳が素敵な年になりますように!

 

ズドン!!!!!!

SixTONES結成2周年おめでとう

 

2015.5.1
SixTONES結成

から、2年が経ち、今日は2017.5.1

この2年でSixTONESはたくさんの事を経験して、挫折も、批判もすべて受け止めて、今日を迎えてて。

こんなこと言うのはどうかと思うけど、6人が誰1人辞めることなくこの日を迎えられて良かった。ジャニーズJrっていう不安定なのの仕事を続けてくれててよかった。

私がSixTONESを好きになったのは最近だから、SixTONESがしてた事の半分もわからないし、リアルタイムで見てないのは少し残念だけど、過去のこと言ってたって戻れないし、今のSixTONESがとても好きで、どんどん好きになってくし。

SixTONESが過ごしてきた2年は長かったのか短かったのかな?と、ふと思いました。

短かったんじゃないかな〜って。

事務所には推されなかったけど、自分達で活動の幅を広げてって、仕事勝ち取ってって、多忙な毎日だったんじゃないかな〜。

…いや、リアルタイムで見てないんで分かんないですけど。間違ってたら言ってください。

でも、最近は特に多忙だったと思うんですよ。これからも。ジャニアイやって、東西やって、Jr祭り、運動会…8月にはEXで単独&スノスト。

SixTONESのレポみててすっごい楽しそうだった。現場行きたい。

だから、この数ヶ月、目まぐるしい勢いで過ぎ去ってたんじゃないかな、と。

でもその数ヶ月の間にもSixTONESはどんどん進化してて、Amazing!!!!!!は他担からもかっこよかったとか、SixTONES強かったとか言ってもらえて……これから本当SixTONESってどうなるんですかね。デビューが追いついてない。

SixTONESのデビューしてる芸とか、SixTONES最強とか、本当根拠あると思う。だってSixTONES強いもん。最強だって思いたくなる気持ち分かるでしょ?分かって?笑笑

 

まあ、ここまで新規スト担が調子にのって書いてきましたが。

 

SixTONES!どうせエゴサしてるんだろ!!

2周年おめでとう!そして、ありがとう!!!

 

まあ、1番はやっぱりこれですよね。

SixTONESは、ハメ外すし、見た目怖いし、チャラいし……ほら、色々あるし。

でも、仕事のあとは全員で反省会したり、メンバーの半分はお母さんのことママって呼んでたり(確かそうだよね…?)、全員ボケたがりだったり、でもすごくかっこよかったり。

そんなSixTONESが大好きで、スト担も大好きで。2周年っていう記念すべき日に立ち会えてとっても嬉しい。

 

SixTONESも。スト担も。

本当におめでとう。

3年目も頑張りましょう!

新規SixTONES担ブログ始めてみました

自己紹介 

 

初めまして。春山といいます。はてなブログ、始めました。

 

理由としては、SixTONESを好きになり、もうすぐ5ヶ月が経つらしいです。Jrはいつ、何が起きてもおかしくない世界。今この瞬間の自分の気持ちを残しておきたい…

 まあ、くだらない理由です。これを読んでくれた人が少しでも共感して、SixTONESに興味もってくれたら嬉しいなーとか思ってます。

 

 

ここから本題

まずは軽くオタ歴を

2016.7.3 ドラマドクターXスペシャルで伊野尾くん、Hey! Say! JUMP

2016.8.28 24時間TVでNEWS

2016.10.12 ジャニーズWEST

2016.10.15 Sexy Zone

に、堕ちる。

と、まあ…本当に飽き性…まあ、緩すぎるオタ活。(その前はニコニコ動画)

 

が、しかし。

 

2016.12.7 少年俱楽部にて、ツタンカー麺の話をする田中樹を見つける

これは…誰…?え、そもそも名前なんて読むんだよ…キラキラネームかよ…

 SixTONESはもともと京本くんのことを知ってたけど、京本くんしか見てませんでした。(寧ろグループ名すら読めなかった。)

あー、綺麗な顔してるな〜位にしか思ってなかった私。叩きのめしたい。

 でも、そこでは堕ちませんでした。Jrだけは堕ちないようにしようとしてたから。まあ、そこから調べてまんまと堕ちたので結局ツタンカー麺が原因なんですけど。

 

2016.12.17 ジュリ、ジェシーとしてRの法則に出てたことを知る。

 

は?あのジュリ?え、ジェシー?え、ジャニーズだったの!?!?

そこでやっと思い出す。Rの法則見てたときほとんど樹くん目当てで見てたことを。

 はい。ここでもう堕ちました。いやまあ、色々動画みて堕ちかけてたけどほぼ堕ちてたけど。突き落とされました。

だってRの法則見てた時ジュリ目当てで見てたんだもの。なんか運命感じちゃっ(( 

 (後にRの法則の録画が残ってて、その全てに、ジュリかジェシーが出てて泣いて喜びました。ぴんとこなの1話もあった。)

 

それからはもう殆どSixTONESのことばっかり考えてて。カウコンでの騒動、東西、Jr祭り…どれも行けなかったけど、デビュー組を好きだった時は現場はファンが怖そう。ってのがあって行きたくなかった気持ちを、SixTONESはゆうにこしてきた。

 まあ、それなら現場行けよって話なんですけどね。まだ自由に行動できない年齢で、夜公演とかだと難しい。まあこれはただの言い訳です。

 

SixTONES担当の人って大体みんな新規welcome思考で、同担拒否も少なくて、むしろどんどん新規を取り込もうとする人たちが多い気がするんです。

 

沼に少しでも足をつけた人をスト担がこぞって引きずり込もうとする姿勢がすごい好きで、新規は安心して沼に飛び込める。

 

 あと、私の中だと

 

SixTONESかっこいい、でも、怖い…って暗いところでとどまってる、悩んでる人を、大丈夫!SixTONESは怖くない!って光のある明るいところに手を引いて連れてってくれるイメージ。

 

私がSixTONESを好きな理由の一つにスト担が好きってのがあって。いくらタレントが好きでもそのファンが嫌いだと、どうしても活動しにくいってのありません?

 新規に優しいスト担だからこそ私はSixTONESもスト担も好きになって。自軍に絶対的な自信があるスト担がすごい好きで。

 

これは余談ですが、SixTONES担のイメージって犬なんですよ、私。SixTONESのことを本当に好きで、何かすると尻尾振って喜ぶし、SixTONESが何かやらかすと尻尾わかりやすく垂れるし、すっごく喜怒哀楽が激しい。

 

私がSixTONESをどんどん好きになるのは、もちろんSixTONESが最高で、惹き込まれるのもあるけど、SixTONES担の芸とか、全部が好きで。

上手くまとめられないけど、私の理想のファンとタレントの関係がSixTONESが実現してて、SixTONES担やっててすっごく毎日が楽しいんです。

 

だからこそ!今SixTONESが気になってるよって人には本当に1度SixTONESをじっくり見て欲しいし、スト担も見て欲しい!

 

SixTONESは好きになって絶対後悔しないと思います。だって本人達が歌ってるんですよ?Amazing!!!!!!で。

「regretさせないぜ」って。京本くんが。

 

あと守ってくれます。これもAmazing!!!!!!で歌ってくれます。

「お前ら“は”守るから」って。

 

裏切られません。

「お前ら絶対裏切らないから」って。樹くんが。

 

そんなSixTONES。色々言われることも多いけど、実力があって、パフォーマンスもかっこよくて、バックもしっかり出来ることが判明して、これからSixTONESがどうなってくのかを見るのがとっても楽しみです。

 

文脈も、文章もめちゃくちゃでしたが、ここまで読んでくれてありがとうございました。SixTONESに少しでも興味持ってくれたら嬉しいです。

 

 

 

未来の私へ

あなたがこれを読んでる時SixTONESは何をしていますか?そもそもまだSixTONESのこと好きですか?多分これ読んで黒歴史だ…とか思ってると思うけど消さないでね。

今の私が思ってること。初心を忘れずにスト担やっててね。